保育園マップ:リビング柏掲載のご連絡

15219653_1026028830859488_1135152262899133020_n

Code for NAGAREYAMAは、流山市の保育園データを利用して、保育園マップを作成しております。

流山市では行政のデータのオープンデータ化を推進しており、この度リビング柏にて、取り組みが記事となりました。

http://mrs.living.jp/kashiwa/town_news/article/2520299

15181259_1026028747526163_3232127251710043581_n 15219653_1026028830859488_1135152262899133020_n

流山市保育園マップ

来週以降の保育園のマップも表示が可能となり、一層市民の方が使いやすくなったと思います。

是非、ご参考になさって下さい。

第11回コーダー道場流山開催は、2017年1月7日です

img_2517

第11回 道場開催日時は、2017年1月7日(土)です。是非、ご参加ください!

2016年12月から始まったCoderDojoNagareyama(コーダー道場流山)は、丸一年を迎えることができました。

地域の子ども達が、プログラミングに興味を持つきっかけを提供することができているのかなと思います。
引き続きのご参加も、お待ちしております〜

★メンターとしてCoder Dojoの運営や子供たちのサポートをしていただける方も募集しています!
子供たちと一緒にCoder Dojoを通じて、メンターも成長しています。

↓↓参加フォーム↓↓

https://docs.google.com/forms/d/1yuHPSkpsM8X3Ctf6ItJP0trCljAutVA2tukOjW47WAo/viewform

15349622_1012615532217165_2676329964319970634_n

場所は、江戸川大学となります。お間違えのないよう、ご参加ください^^

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
地域の大人が、子ども達へプログラミングの知識を教える機会をつくろう!

本会では、Scratchというアプリケーションを使用します。
2時間の中で、概要のご説明と、実際の作業、まとめを行いたいと思います。

CoderDojoは、フィンランドで始まり現在日本各地、いろいろなところで開催されています。

http://www.coderdojo.jp/

流山のコンセプトは
地域の子ども達にプログラミング教育を
地域の大人ができることを
地域の中で新しいものが生まれる瞬間を

『何をするの?』

初めての子どもでもわかりやすいアプリケーションを使いながら、プログラミングに触れてもらう活動を行います。

『プログラミングを覚えて、何をするの?』

よく聞かれますが、プログラミングを覚えることで表現をする手段が増えます。
例えば、紙と鉛筆で絵を書くように、プログラミングを覚えて、”アニメーションで自己紹介!”などということができるようになれたらいいなと考えています。

また、地域の子ども達へプログラミングを教えていただける、大人の方々も大歓迎です!
『子育てするなら流山』
是非、我々の力で築き上げましょう!!

対象:小学生、中学生(小学校2年生も参加しています。見学だけでもしてみてください)
※低学年でも、キーボード操作、マウス操作が可能な子はご相談ください。

↓↓参加フォーム↓↓

https://docs.google.com/forms/d/1yuHPSkpsM8X3Ctf6ItJP0trCljAutVA2tukOjW47WAo/viewform

CivicTechForum@千葉・茨城2016無事閉会いたしました

csi3zkwukaatgj5-1

CivicTechForum@2016千葉・茨城が無事に閉会いたしました。

当日の様子はこちらから→http://togetter.com/li/1025522

開催に至るまでの裏話をここで、少しさせていただきます。

今回の開催は、

Code for NAGAREYAMA以外に、

Code for Chiba

Code for KASHIWA

Code for matsudo

Code for Ibaraki

Civic Wave

が運営として携わりました。

 

ことの始まりは、Code for matsudoのお披露目ミーティングで千葉、柏、流山の代表を読んでいただいたところから始まります。

そこで話に華がさきまして、

浦本(千葉代表):「CivicTechForumやろうぜ!」

白澤(流山代表):「・・・・。」

辻(柏代表):「・・・・。」

吉田(松戸代表):「・・・・。」

(しばし間があり)

白澤(流山代表):「そうですね。」

辻(柏代表):「いいと思いますよ。」

吉田(松戸代表):「いいんじゃないですか。」

という感じで、みんなノリノリで始まったわけです。

 

そして、CivicWaveと、茨城の皆様も一緒に運営していただけることなり、

 

浦本:「会場どこがいいっすかね。」

白澤:「三井不動産様が協力してくださるそうで。KOIL!」

辻:「柏で開催であれば、委員長やりますよ!」

柴田(茨城):「僕は福で!」

吉田:「いいねー!」

という運びになり、裏方をCivicWaveさんがしっかり支えていただ着ながら準備を勧めました。

 

当日は、運営メンバー全員がフルパワーで挑み盛会に終わることができたわけで、このメンバーでなければならなかったと思う次第です。

これからも、地域連携推し進めていきたいですね!

 

CivicTechForum@千葉・茨城開催決定

2016年9月17日

CivicTechForum@千葉・茨城を開催します!

CivicTechForumは2015年より開催され、今年2回目を開催し、今年からは各地域で開催を行い近隣地域の関係づくりの場としても有効です。

====

開催趣旨(CIVICTECHFORUM2016運営委員会より)

CIVIC TECH FORUMは、2015年、2016年と東京で開催してきましたが、シビックテックの現場は各地域であり、地域でこそ開催したいという想いがずっとありました。
※「シビックテックとは?

シビックテックはまだ、世界でも日本でも模索段階です。東京で2度開催された「CIVIC TECH FORUM」についてシェアすることでシビックテックの「現在地」を感じていただくとともに、開催地域周辺のシビックテック団体の活動をお互いに知り、一緒に取り組む仲間を作ってもらえればと思い本イベントを企画させて頂きました。

ご参加いただいくことで、今後の活動のヒントを持ち帰っていただけるイベントとなる予定です。

シビックテック活動をされている方も、これから始める方も、まずは知ってみたいという方も。どのような方も大歓迎です。

お会い出来るのを楽しみにしております。

====

↓↓↓チケットの購入はこちらから↓↓↓

http://peatix.com/event/188715/view

グラフィックレコーディングで子供のSNS問題を考えてみました

12804646_828129587316081_2946266612555393183_n


今や子供が当たり前のようにスマホを持っています。
ある調査によるとスマホの所有率は小学校高学年が38%、中学生は76%、高校生は98%にもなるそうです。
そしてLINEのようなSNSを使ったトラブルも増えています。
LINEによるいじめ、出会い系被害、わいせつ画像の流出など。
スマホは便利な反面、リスクも高くなります。

Code for NAGAREYAMAではグラフィックレコーディング(グラレコ)を用いていじめ問題を考えるワークショップを行いました。
それに続き、子供のSNS問題についてもグラレコワークショップを開催したのです。
「地域の大人が何かできないか?」たくさんのアイディアを出していきます。
メンバーは前回と同じです。というか、続けてやりました。
途中、休憩を挟むも、ほぼ4時間ぶっ通しでした(汗)
参加者、レコーダーの皆さん、本当にお疲れ様でした。

まず冒頭は本ワークショップの企画・コーディネーターをつとめる入谷(本ブログ筆者)がSNS問題の現状について説明し、参加者と共有しました。
snsWS_0


SNSの特性(匿名、隠ぺい、記録、拡散)がSNSでのトラブルを招く元になっています。対策としてフィルタリングや利用時間制限、ネットモラルやリテラシーの教育などが実施されていますが、本当に効果が出ているんのか?それが適切なのか?という疑問が残ります。

5人ずつ、2グループでワークショップ開始です!
0028_xlarge


「そもそも子供にスマホを持たせるべきなのか?」
「持たせた以上はしっかりと親が責任持ってリスクを教ないといけない」
0027_xlarge


参加者の中でダントツ最年少、まだ大学を卒業したばかりの小舘さんは自身の体験を元に意見を出していただきました。
2回目ということもあり、皆さんも慣れてグラレコが出来上がっていくスピードが早くなりました。

出来上がった2つのグループのグラレコを紹介します!
向かって左側が前半の意見を出し合った内容、右側がアイディア(ピンクの風船)です。
snsWS_A


snsWS_B

このグラレコを見た皆さんの感想をお待ちしております!

グラレコを作って終わりではありません。
このグラレコを風船にように飛ばします。
グラレコをTwitterやFacebookなどのSNSで拡散してください!
このブログでも、グラレコの画像データでもかまいません。
SNS問題に対してこういうアイディアもあるよ!と発信していきます!

Code for NAGAREYAMAではこのグラレコの中の1つのアイディアを実現する試みをスタートしました!
随時、このブログでご報告していきます♪

snsWS_0snsWS_AsnsWS_B

グラフィックレコーディングを担当してくださったレコーダーの方です。
和田あずみさん
松井大さん
松永奈菜さん
水谷みなもさん
中村佳奈子さん
ありがとうございました!

お忙しい中、ワークショップに参加してくださった10名の方々にも感謝いたします。
ありがとうございました!

 

ただ今成長中^^

IMG_7386


三つ葉のクローバーのようです。

やっと芽が出ました

image11


ずっとドキドキしてたのですが、芽が出てきました(・ω・)ノ これは、クローバーか何かですか?