Code for なんでやってんの…?

Civic Tech Summit にいって

先日、CivicTechSummitが開催されました。代表、白澤も参加してきました。
金沢まで、東京(大宮)から150分!!!なんて近いんでしょう(麻痺)(*^^*)

金沢では、市長がオープンデータ、シビックテックに超ノリノリで、羨ましい限りでした。
(ちなみに流山は、オープンデータでは先を行っていたのですよ!!本当に全国に誇ることができるくらい!)

今回のイベントの前日も、各地のCivicTechに関わるメンバーが集まり、イベントは3日間もありました。
本当に、熱を帯びたという表現がふさわしい3日間だったと思います!∠( ゚д゚)/

今回の内容をまとめると、大きくCivicTechが二派に分かれてきているように思いました。

  • 一つは、地域課題を情報技術で解決する人の立ち位置を明確化し、一つの役割として確立させていこうという動き

(Code for Japanが進めている、STO(Social Technology Officer)に見られる)

  • もう一つは、自身が課題保有者となって(一人称で)課題解決をしようという動き


どちらも、様々な経緯を辿った方々がお話しされていたので、説得力が有りました。

 

流山では…

2〜3年前まで、前者の動きに重きを置いて活動をしていました。

ですが現実には、課題を持っている地域団体は基本的に慢性的に資金不足であり…
ITへ資金を投じることはかなり難しいのが現状でした。

また、流山市は人口18万人、市の予算も限られているということで…(以下同文)

 

問題当事者になることにより、課題がわかりやすくなる

そこで本年度から、後者の一人称活動を継続してきました。
CoderDojo Nagareyamaの活動を開始したのもそこからでたものでした。

自分たちがほしいものを作る

自分たちが使いたいから続ける

自分たちが一番の利益享受者だ

こんなフレーズが頭のなかをぐるぐるしてますw

 

活動自体がボランティアとはちょっと違う

地域のボランティア活動で、我々現役世代の継続が難しくなる瞬間、それは、

「何のためにやっているのか」が見えなくなる

今までの地域活動に参画をすると、どうもしっくりこないという方がお話しをされていました。

我々、Code for の活動で他の地域の方とも一致したことっそれは、

「活動自体がボランティアとはちょっと違うんです」

CivicTechと言われる中でも、Code foは慈善事業に近い活動をしています。

ですから、課題があって課題を解決することが目的ですが、それと同時に自然と効果測定もされているのではないかと思います。

実際に利用されているのか

マネタイズできているのか

そんな議論をよく聞きます。

 

Code for NAGAREYAMAのこれから

一通り活動を振り返ってきましたが、年の瀬も迫ってまいりましたので、これからの活動の位置付けをしてみました。

ありがたいことに流山は人口流入が進み、子育て世代、子どもが急増しています。

そこで、Code for NAGAREYAMAでは、

 

  • 多様な意見やアイディアが育つ環境を創る
  • 地域の子ども達が多様で豊かに育つ環境を創る
  • 地域の課題を、IT技術を利用して解決する人材を増やす

を目指して、活動を進めていきたいと考えています。

問題当事者になることにより、課題がわかりやすくなる

活動自体がボランティアとはちょっと違う

皆さんの活動のきっかけになればいいなーと思い、書きました(*^^*)

良いお年をお迎えください!

CivicTechForum@千葉・茨城2016無事閉会いたしました

CivicTechForum@2016千葉・茨城が無事に閉会いたしました。

当日の様子はこちらから→http://togetter.com/li/1025522

開催に至るまでの裏話をここで、少しさせていただきます。

今回の開催は、

Code for NAGAREYAMA以外に、

Code for Chiba

Code for KASHIWA

Code for matsudo

Code for Ibaraki

Civic Wave

が運営として携わりました。

 

ことの始まりは、Code for matsudoのお披露目ミーティングで千葉、柏、流山の代表を読んでいただいたところから始まります。

そこで話に華がさきまして、

浦本(千葉代表):「CivicTechForumやろうぜ!」

白澤(流山代表):「・・・・。」

辻(柏代表):「・・・・。」

吉田(松戸代表):「・・・・。」

(しばし間があり)

白澤(流山代表):「そうですね。」

辻(柏代表):「いいと思いますよ。」

吉田(松戸代表):「いいんじゃないですか。」

という感じで、みんなノリノリで始まったわけです。

 

そして、CivicWaveと、茨城の皆様も一緒に運営していただけることなり、

 

浦本:「会場どこがいいっすかね。」

白澤:「三井不動産様が協力してくださるそうで。KOIL!」

辻:「柏で開催であれば、委員長やりますよ!」

柴田(茨城):「僕は福で!」

吉田:「いいねー!」

という運びになり、裏方をCivicWaveさんがしっかり支えていただ着ながら準備を勧めました。

 

当日は、運営メンバー全員がフルパワーで挑み盛会に終わることができたわけで、このメンバーでなければならなかったと思う次第です。

これからも、地域連携推し進めていきたいですね!

 

CivicTechForum@千葉・茨城開催決定

2016年9月17日

CivicTechForum@千葉・茨城を開催します!

CivicTechForumは2015年より開催され、今年2回目を開催し、今年からは各地域で開催を行い近隣地域の関係づくりの場としても有効です。

====

開催趣旨(CIVICTECHFORUM2016運営委員会より)

CIVIC TECH FORUMは、2015年、2016年と東京で開催してきましたが、シビックテックの現場は各地域であり、地域でこそ開催したいという想いがずっとありました。
※「シビックテックとは?

シビックテックはまだ、世界でも日本でも模索段階です。東京で2度開催された「CIVIC TECH FORUM」についてシェアすることでシビックテックの「現在地」を感じていただくとともに、開催地域周辺のシビックテック団体の活動をお互いに知り、一緒に取り組む仲間を作ってもらえればと思い本イベントを企画させて頂きました。

ご参加いただいくことで、今後の活動のヒントを持ち帰っていただけるイベントとなる予定です。

シビックテック活動をされている方も、これから始める方も、まずは知ってみたいという方も。どのような方も大歓迎です。

お会い出来るのを楽しみにしております。

====

↓↓↓チケットの購入はこちらから↓↓↓

http://peatix.com/event/188715/view

新年明けましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます

Code for NAGREYAMA は3年目を迎えました。
その間、地域の方々が地域の課題、現状、未来について語り合う場を提供でき、そこから新たな出会いやアクションが生まれたことは、我々の一つの成果だと思っております。

集合写真

そこに集まる人々、集まる空間、語り合った事、に価値があり、Code for NAGAREYAMA は、その機会のご提供をしてまいりました。

10974421_1565502523725856_1098073590750277171_o

そこから新たなものが生まれ、大きくなっていきました。

20139762_2015-02-22_13-50-15_DSC00075

2016年、地域コミュニティの成長、活性化を図るべく、産業(産)、行政(官)、教育(学)、生活(民)の連携をより一層強くするよう努力して参ります。
/////////////お知らせ/////////////

■CodeDojoNagareyama二回目が開催されます。
1月9日(土)13時〜 場所:流山市生涯学習センター

https://www.facebook.com/events/1689842587962387/
■今年も、3月5日にIODD(インターナショナルオープンデータデイ)が開催されます!
後日、詳細をお知らせ致します。

//////////////////////////////////

本年も、よろしくお願い申し上げます。