IODD2016開催報告《サイトユーザビリティー:流山市HP編》

0017_original

サイトユーザビリティーは、流山市のHPを確認するグループと、柏市のHPを確認する2テーブルで行いました。

0017_original

「35歳女性、保育園に通う3歳児がいる」というペルソナを設定しました。

ペルソナに基づき、以下の項目についてホームページを尋ねてみました。

・予防接種

・公園情報

・病時保育

・がん検診

12825524_984856768230812_1371246136_n

それぞれ、情報としては検索する事ができました。(パチパチ)

が…

・メニューから順を追って辿れるものと、辿れないものに差がある

・サイト内検索に頼らないと見つけられないものが多い

・外部の検索機能を利用しないと発見が難しい

・PDF での提供のものがあり、外部から検索でヒットせず、見つけ辛い

・病院自体へのリンクとなっていないため詳細情報の確認がスムーズに行えない

といったところが気になりました。

例えば、

《予防接種》の

・ 成人(高齢者)向けのもの→ 割りとスムーズに見つけられる

・子供向けのもの→ たどり着けず「日本脳炎」という特定キーワードでサイト内検索を行うと PDF が見つかる

という状況を、統一感を持たせる。

《病院一覧》を

病院ごとのHPにリンクを貼る。

《住所がある情報》は

自宅からの距離など位置情報が有意義な情報となるので、地図が見られるようにする

などなど、少しの機能の違いが使いやすさにつながると思いました。

12376765_824784640983909_889286214075571154_n

余談ですが、

《病時保育》

今後の目標として掲げてはあるのですが、情報自体が無く、実装が待たれる状況でした。

…「病時後保育」はあるため、とっても残念でした。

Code for Kashiwa は、これらの結果を提案書としてまとめ、Code for Nagareyama を通じて流山市へ提出する予定です。

流山市のホームページは、

利用勝手としては、ユーザーフレンドリーであり、段組や項目分け、利用する言葉などが優れています。

にも関わらず、不足点が散見されるため、これらの点を改善することでよりよいものになると思われます。

流山市のホームページは、有益な情報があることさえ市民に喧伝されれば、これまで以上に利用価値の高いものとなると思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">